【一覧】

「竹の子」と鯨肉の煮込み

    

筍と鯨肉

 

春の味覚 「筍」の季節になってきました。

 

土佐の方の 筍の煮物の定番は 「鰹の中骨」

 調理の紹介は こちら

 

年配の方、鯨好きの方が利用するのが 「近海みんく鯨肉」

写真は 「煮込み用赤身」と「皮身」 混ぜて造りました。 食感とコクを楽しめます。

 

煮込み用赤身だけで利用すれば サッパリとできあがり 筍と同様に食感も楽しめます。

皮身だけで利用は 脂分が多くなり、コッテリとした味わいになります。 赤身より「鯨肉の香り」を感じます。

 皮は プルプルとして とても柔らかいです。

 

臭いが気になる方は 「ニンニクの欠片」「ニラ」などを 足しても良いです。

 

筍と鯨肉の煮込み

 

「鯨肉の煮物」の調理方法は こちら

 

閉店後の30分で出来上がります。

鯨肉の利点は 「味がしみ込みやすいこと」です。さらに 赤身でサッパリ造って 一日寝かせば しっかりと味わいがしみ込み さらに美味しく楽しめます。

作り方 いろいろあります。根野菜・コンニャクなどを加えた煮物も・・・・

 

「骨がない」のも利点

 

 

是非 一度 お試し下さい。

 

 

 

 

 

Pocket

single-wayeat.php
土佐の魚屋@山もと 土佐の魚@山もと Link free
TO TOP