【一覧】

アクアパッツアの作り方

    

イタリア料理「アクアパッツア」

 

ご存じの方も多い 簡単料理法です。日本で言う「味噌仕立ての磯鍋」を 洋風にしたモノ・・・

材料は ヒメイチの仲間で小魚「めんどり」です。

秋には脂がのり 価格以上に美味しい魚

 

アクアパッツア

 

内臓・ウロコを処理した「姿のまま」利用します。

 

塩・胡椒をして 少し寝かしてから

フライパンに オリーブオイルを敷き 魚の両面をこんがりと 焼き上げます。

 

焼き上げた後 魚が浸かる程度 水を入れてコトコトと煮込みます。

外せないのは「トマト」 ダシは魚の頭などから出ますので必要ありません。

 

今回は 「ジャガイモ」「人参」を入れています。

 

 

 

アクアパッツア

 

トマトとジャガイモ・人参を入れています。

 

水分が 半分ぐらいまで煮込んで 最後に彩りとなる野菜(映像はインゲン) 又は バジルなど香草をいれます。

 

アクアパッツア

 

水分が半分になるまで煮詰めて できあがり

 

白身の小魚が合うと思います。

この料理に使った魚の価格は250円 その他 ホーボー メバル カサゴなどでもできます。

 

「味噌仕込みの磯鍋」には 白菜・ネギなど水分の多い野菜を使いますが 

「アクアパッツア」は 水分が出ない「豆類」「根野菜」などがあいます。

 

少し味わいを変えて 食べるのも一工夫・・・

 

さらに 具材を取り除いて 残った煮汁と茹でたパスタをからませて 魚・野菜に添えても美味しい。

 

【子供の頃から練習を】

小魚なので 「骨」を取ることを覚えないと この料理は食べにくい。

魚の形を知り 何所に骨があるのか 先ずは食べ慣れることです。

 

 

 

Pocket

single-wayeat.php
土佐の魚屋@山もと 土佐の魚@山もと Link free
TO TOP