マンボーの腸(ひゃくひろ)

マンボーの腸

 

珍味「マンボーの腸」・・・通称「ひゃくひろ」 

 

春と秋に 鮮度よく市場に出荷される 「マンボーの腸」を 御案内致します。

マンボーは 高知の両端「室戸岬」「足摺岬」周辺で獲れ、 地元でも人気なのが この「ひゃくひろ」、身よりも人気で 地元消費が多く なかなか高知市の市場に出てこない部分です。

 

炒め物にすると独特の食感で好評の一品です。容量は200グラム 冷凍保存した商品をお届けします。

 

【肝は目方に入りません】
肝が付いて入荷する時と無い場合があります。あれば ご覧のように商品にサービスして入れますのでご利用下さい。

 

一パック 400円(容量 200グラム)

 

【食べ方】

 

お客様の声
マンボウの腸、肝なかなかのものでした。あの触感も珍しいですね。
私は、イタリアンで頂きました。
適当に切って、オリーブオイルにガーリック、唐辛 子を入れ、炒め、塩、コショウで味を調え、白ワインのあてにしました。

 

 

 

完売しました。寒い時期に仕入れます。

 

 

 

【2016.01.22入荷】

現在販売中の商品です。「肝」付きです。(肝は目方に入っていません)

 

マンボーの腸

 

 

 

 

 

 

Pocket

page-shop.php
土佐の魚屋@山もと 土佐の魚@山もと Link free
TO TOP