【一覧】

「沖うるめ」で鍋!!

    

秋から冬に入荷が多くなる深海魚 高知では「沖うるめ」と呼ばれている魚。

全国的には 「ニギス」 地方では「沖ぎす」とも呼ばれています。

 

一般的には 「干物」で流通していますが 当店は 生鮮品も取り扱います。 

沖うるめ・沖ギス・ニギス

 

ご覧の価格 安いです。

「揚げ物」「煮物」も定番ですが 今回は 「鍋」「煮食い」を紹介します。

 「沖うるめ」の唐揚は こちらで紹介しています。

 

 

◆材料は 「沖うるめ250円分」

その他 葉物野菜や豆腐をご用意下さい。 写真は 3人前ぐらいになります。

 

頭と内臓は取り除きます。 お腹に付いた「脂分」など 内臓と一緒に綺麗に掃除して下さい。

 

沖うるめの鍋

 

 

 

鍋に水を入れて 沸騰した所に ブツ切りにして入れるだけ

 

沖うるめの鍋

 

 

沸騰させて 「アク」を取り除きます。

 

この状態で 「魚を取りだして」も良いです。

「骨があたります」ので 食べやすい鍋にする方は 魚を取り除き 「ポン酢醤油」で別に食べても良いです。

上品なダシが取れます。

 

沖うるめの鍋

 

 

今回は 魚を取り出さずに そのまま味付けしました。

調味料は 「醤油」だけ

 

沖うるめの鍋

 

 

野菜を入れて 火が通ればできあがり・・・ ほんの20分程度の調理です。

 

 

沖うるめの鍋

 

 

 

「煮食い」 

鍋にしないで ダシを取り、 野菜を鍋風の煮物にして食べる方法です。

さらに 魚を取りだして アクアパッツア風 洋風の味付けにして オシャレな一品かできます。

 「アクアパッツア」の作り方は こちら

 

 

小さくても ダシが良く出る魚です。 いろいろとお試し下さい。

 

 

 

 

Pocket

single-wayeat.php
土佐の魚屋@山もと 土佐の魚@山もと Link free
TO TOP