【一覧】

「沖うるめ」の唐揚げ

    

学名は ニギス目ニギス科ニギス属

深海魚になります。各地で呼び名が違います。「沖ギス」「ニギス」とも呼ばれます。

高知では 「沖うるめ」

 

 

沖うるめ・沖ギス・ニギス

 

 

一盛り250円前後

 ほとんどは「干物」で流通しています。

 

秋から春先が旬です。お腹にもたっぷりの脂があり 干物にしてもジューシーで安く人気です。

100グラム 60~80円前後

 

沖うるめ

 

頭と内臓を取り除いて 水分をよく拭き取ります。

「塩」をして5分ほど置きます。お好みで「コショウ」を付け加えても良いです。

 

 

沖うるめ

 

ビニール袋を使うと簡単

小麦粉と片栗粉 同量を混ぜて 魚にまぶします。

ビニールに魚と一緒に入れて軽く振れば 少量の粉で全体にいきわたります。

 

 

沖うるめ

 

 

 

お勧めは 一度揚げ

二度揚げにすると骨まで食べることができますが 水分が飛びすぎて パサつきます。

 

骨を取り除きながら食べる事になりますが 一度揚げで ジューシーに食べる方が この魚の美味しさを味わえると思います。

 

後日 「沖うるめ」の煮食い、白菜との煮物等もご紹介。

 

安くても脂分が多く お吸い物にしてもダシの良く出る魚・・・「頭・内臓処理」して生鮮発送しています。

*御希望であれば 姿のまま お届けします。他の商品との組み合わせも承ります。

 

 

 

 

 

Pocket

single-wayeat.php
土佐の魚屋@山もと 土佐の魚@山もと Link free
TO TOP