【一覧】

「鯛」はやっぱり美味しい!!

    

レンコダイ

 

 

獲れた魚が 捨てられています。

 

 

値段が安いことで 出荷もできない状況・・・周りを海に囲まれた国です。

長く海岸線を持つ高知。

食べない、利用しないことで ・・・ 経済を疲弊、健康障害など

 困るのは 「漁師」と「魚屋」だけでしょうか

 

 

 

最近は 「鯛」と言えば 人気の無い魚になってしまいました。

 

一番の理由は 「骨が危ない」

 

それでも 「腐っても鯛」言われるほど 味が良い魚として認識はありますね。

 

影像でご覧のように 一匹100円前後と漁師さんも可愛そうな価格

市場には 余っています。取引がなく 加工「干物」などになっているようです。

 

 

先ずは 「ウロコと内臓」を取り除きます。

 

◆干物を作る

自分が好みの塩加減の塩水をつりくります。その中に 1時間ほど 漬け込みます。

水分を綺麗に拭き取って 天日干しに、干す場所や時間が無い時には

冷蔵で ラップをせずに 二晩以上 ひっくり返しながら寝かしても良い。

 

美味しい焼き物ができます。

 

干物にしなくても 塩を振って 1~2日寝かして焼くと 塩焼きは美味しくなります。

 

さらに 食べた後 「骨・中骨」は ダシに利用します。焼いた香ばしさも移り 美味しいお吸い物ができます。

 

◆煮物

生姜と一緒に 煮物にするのも定番。

 

煮物を食べた後は 食べた後の骨・・・これが また美味しい。

 

ドンブリに入れて そこに熱湯を注ぎます。頭の部分などは 熱湯の中で少し箸で 突きつぶします。

ダシが薄いようであれば 醤油を落とします。

 

骨が沈むのを待って きざみネギ等を少し入れて 上澄みを飲めば 「鯛のダシ」とは こんなに美味しいのかと 確認できると思います。

 

◆磯鍋

浜辺・漁師町の取材・テレビで良く見かける 「小魚を入れた味噌汁」

これも美味しい。

 

影像で見るように 魚を入れたままだと やっぱり「骨」が気になります。

最初に 味噌仕立てで 魚だけを 煮くずれしないように煮込み 取り出します。

 

取り出した魚は そのまま 食べます。 味が薄いようであれば 味噌をつけて食べます。味噌も 一手間「焼き味噌」にしても美味しい。

 

ダシを取った味噌汁には お好みの野菜・具を入れて 仕上げれば 料理2品ができあがります。

 

 

◆鯛めし

姿で 塩焼きにした「鯛」を  炊飯器の中に入れて 一緒に ご飯を炊く、 

加熱が終われば 一度 魚を皿に取り出して ゆっくり丁寧に 身を取り出します。

取りだした「鯛の身」を 炊飯器に戻して ご飯と一緒に混ぜます。

 

大きい鯛では 「アラ」で先にダシを取ってから そのダシを使って お米を炊いて 中に「身」だけを入れる方法もあります。

 

 

 

◆その他

紹介している 「アクアパッツア」なんかも 本当に美味しい魚料理です。

 

「骨が危ない」と言って 魚を食べさせないと 骨を取り除く 舌・口の動きができなくなります。

異物が入ることは 日々の生活でもあります。そんな時の 取り除き方・吐き方も一つの「しつけ」です。

 

魚の生態 大凡の「骨のありか」も 知ることも大切。「切り身」ばかり 食べていれば いつまでも「骨が怖い」

 

 

 

魚の美味しい部分は 骨に近い部分です。安くて美味しい魚食を見直して欲しいです。

 

 

 

 

Pocket

single-wayeat.php
土佐の魚屋@山もと 土佐の魚@山もと Link free
TO TOP